FC2ブログ

ゆぐどらぐらし

世界樹の迷宮2のプレイ日記のようなキャラ日記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

たまの日記 第3回

◆王虎ノ月 27日


ぼくの目的は、みんなと一緒にいることです。
でも、みんながバラバラになっちゃうならどうしよう……
アーシャとシハルツが冒険者を続けるらしいので、それを手伝うのがいいのかなあ。
あ、でもコーエンくんの研究のお手伝いもしたいし、ベンテンさんといっしょに新しくやってくる人達や動物たちの面倒をみたりもしたいなあ。あ、でもでもクジョーがいないと言葉が通じないんだよね。クジョーといっしょに羽の人たちと仲良くするお手伝いもいいかなあ。

うーん、やりたいこといろいろあって困っちゃうね。
いつものようにお昼寝しながら考えようっと。



お昼ごろ、気配がするので目が覚めたら、ぼくが眠りながら抱えてたこの日記をのぞきにマミヤさんが来た。
そーっとぼくの手から日記をとって、中をパラパラとめくって、大きなため息をついて帰っていきました。
なんだったんだろ?


ご飯を食べたあと、またウトウトしているところにアーシャが来ました。
どうやら今日、最後のたたかいに行っているシハルツが心配らしくて、ぼくの手をぎゅっと握ってきたので、ぼくはアーシャを抱きかかえてそのまま寝ました。


昼過ぎ、大きな音がして目が覚めました。
アーシャをかかえて外に出ると、樹海のずっと上からなにか響いてきていました。
すると目の前に、羽の人がやってきて、ぼくたちにみんなに危ないと知らせるように言いました。
みんなで手分けして町のひとたちを避難させてから、ぼくたちは樹海の入り口でずっと待ちました。
信じて待ちました。
みんなみんな、泣きそうな顔でした。
そして、すぐにそれは笑顔になりました。ぼくも、笑いながら泣きました。
なんで泣いちゃったのかはよくわかりません。でも涙がでたんだもん、しょうがないよ。



やっぱり、ぼくはみんなが大好きです。
だから、やりたいことは、全部やろうと思います。
それがぼくの目標です!
(訳:N・クジョー)
スポンサーサイト



| たま/ペット | 21:45 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまの日記 第3回

◆王虎ノ月 14日

やぁ!みんなのN・クジョーだよ!
本来だと今日からの日記の担当はたまなんだけど、本人が以前の日記を見て
「ギルドのみんながぼくのことをどんな風に思ってるのかきになるから、また代わりに書いてほしいな」
って言うので、今日から3日は誰かにたまの心を想像して日記を書いてもらうことをお願いしておいたよ!

前回は女性陣だったから今回は男性陣に。
言葉がわかってしまうボクと、自分の日記をつけているリーダーは省いて丁度3人だ。
それじゃまずはモリーノ君、頼んだよ?

footmark001.gif

たーまたーまたまぼくらのペーット
深い樹海からやーってきたー
たーまたーまたーま男の子
女が大好きー、憎らしい子ー

ガーウガウ、キューッキュ
女っていいなー、触っちゃお!
ガーツガツ、バックバク
メシっていいなー、食べちゃお!

さりげにー触るとー、胸もおどーるよー
ボーインをプニュ!ひーんにゅーペタッ!
セクハラーだーいーすーきー

たーまた



んだよみんなして!
俺が女にナチュラルに触るアイツを見るたびノリノリで口ずさんでる「オーサカの中のたま」に何か文句あんのかよう!
歌いながら書いてたら、クジョーは「それはちょっと」って顔するし、当のたまは俺のうしろで踊ってるし(
喜んでるんだかキレてんだかわかんないで怖いし)、何故か突然男部屋に入ってきたマミヤにシールドスマイトされるし。
まあいいや、とにかく俺はあのセクハラベアーと慣れあうつもりはないってことをはっきりさせてもらうぜ!
女部屋でしょっちゅう寝泊りしてるとか、あまつさえ時にはふ……ふふふふふ風呂にまで入ってんのがうらやましいとかそんなことはないからな!単に気に食わないからだからな!
日記?知るかそんなもん!じゃあな!
byモリーノ


◆王虎ノ月 15日
footmark001.gif

本日は朝から大変な喧騒だった。
昨日我の代わりにモリーノが書いた日記が余りに酷いため、朝食の際にみんなに公開した。
どうなったかはみんなも知るところだろう。
例の歌を食堂で熱唱するハメになったモリーノには同情の涙と嘲笑を禁じえない。

さて、今日は我は探索へと出掛けた訳だが、相変わらずあの城は真に興味深いものだな。
未知の鉱物と鉄材で造られた城内、そもそも浮遊する動力すら不明だ。
冒険者はもちろん、歴史学者や技術者、洋の東西を問わずあらゆる研究者達が求めるであろうもので溢れている。
我がいた樹海は自然における謎の塊、あの城は人工物における謎の塊だな。
しかし、オーバーロードの言動、空の民の存在と伝承、そのほか様々な要素から考慮すると、そもそもあの樹海自体が天然自然の産物ではないという……
いや、いささか複雑な話になるので割愛しよう。

今の我らに必要なことはあの城がなんであり、オーバーロードが何者であれ、打ち倒して聖杯を持ち帰ることだ。
探索や研究など、その後でいくらでも出来る。考えるのは我らの領分ではなく、見つけることが本分であろうと思う。

いよいよこの森と城においてはその旅も終わりに近くなってはいるが、そのことを忘れずにひたすら邁進するだけだ。
これからも我をよろしく頼む。
言葉は通じずとも、いや、だからこそ誰より信頼の情によってみんなと共に戦うことを改めて誓おう。
byコーエン


◆王虎ノ月 16日
footmark001.gif

わたしたちのギルドはついに、天空の城の最上階に着くまでに至った。
あいにくまだオーバーロードの所在を暴くまでには至らないが、何があろうとあくまで戦うのみだ。
そのためにはくまなくこの城を調べ、ヤツを探すだけではだめだ。
ヤツの居場所に届くまでに充分な力をつけなければいけない。
今回ばかりは一発勝負、二度戦えるなどと甘いことを考えるわけにはいくまい。

しかし、思えば高くまで、遠くまで来たものだ……
ギルド本部にかくまわれていた時にはこんな自分を想像もしなかった。
あの部屋の扉が開くまでは、外の世界があることさえも忘れてかけていたのだ。
今ではそう、暖かくまごころ溢れる人々に囲まれて本当に幸せだ。
でも、この幸せが続くまいにちはきっとオーバーロードを倒せば終わる。
ずっと戦ってきた気がするが、終わりが近づくほどにまたたくまだったと感じる。
その時どうするのだろう……しばらくまちに残ってはいるだろうが、さらにその後は?
クジョーがもし国を出て行けば自分とコミュニケーションをとれる人間はおそらくまぁ、いないだろう。
それはくまったことだ。
森へと戻るにも、くまさらあの場所で暮らせるとは思えない。
この日記がもう一度くまわってくままでに考えておくまべきだろうな。
うーん、くまったくまった。
ノージ代筆



やあ!クジョーだよ!
えっとその……男性陣はなんというか、フリーダムすぎるね。
一応たまからのコメントを書いておくね。

モリーノへ
ぼくの歌作ってくれてありがとう!
でもその曲はマミヤさんが怒るからやめたほうがいいよ?

コーエンへ
確かに、あの場所に停滞するには何らかの反作用的な力場が発生してることになるけど、高度から考えると地表に対するものではなく大気に作用させてると考えるのが自然だよねー。
でも、そうだと仮定した場合何かを大量に噴射するのが現実的だと思うんだけどそれでは長時間の浮遊の説明がつかないし、風圧なんかだとしたら常にあの城には轟音が響いてないとおかしいよね。
あ、えっと、長くなっちゃうんで、今度ゆっくりおはなししようね。

ノージへ
ほんとだよねー
このお城しらべちゃったらどうしようねー
ぼくはみんなとずっといたいんだけど、みんながどう思ってるかわからないもんね
うーん、くまったよー

| たま/ペット | 14:49 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまの日記? 第2回

◆天牛ノ月 9日
footmark001.gif

今日はアーシャもクジョーもいないんでシハルツとずっと一緒にいたぜ。
どうやらアイツは俺のことを母親だと思ってるらしいけど、俺はオスなんだ、失礼しちまうぜ!
むしろ、俺からしたらいつも世話してくれるシハルツとアーシャのほうが俺の母親みたいなもんなんだがな?
まあ、このデカい図体でそんなこというのもヘンなもんだし、守ってやってるのも俺だから親でもいいかもしれねえな。
ただ、できりゃ父親がいいぜ、俺は。
(代筆:ベンテン)

うーん、確かに今日一日たまはシハルツと一緒にいたみたいだね。
ただそれ以外はほとんどはずれかな。たまはあんまりオスメスにこだわらないみたいだよ。
母親でも別にいいかって最近言ってるし。
ただ、デカいってのはなんだか気にしてる(小さなレディたちの枕になるのは割り切ってる)ようなんで、あんまり言わないでやってくれるかい?
それと、彼の一人称は俺じゃなくて「ぼく」だよ。
ということでおまけして15点!
(寸評:N・クジョー)

◆天牛ノ月 10日
footmark001.gif

くまー、くまっくまくまくまー。
くまくま?くままー。くーまくまくまー。
くまくまっくまー……ってバカらしくてやってられっかー!!
ええとアレだ、探索つかれたー。これでいいだろ。ああもうパスでいいよパスで。
(代筆:モモ)

ああっ、なんてひどい!
もうちょっと分かってあげる努力をしようよモモくん!
ただ困ったことにたま自身が帰ってきてまず言っていたのが「探索つかれたー」なんだよね。
偶然かわざとか分からないけど、当たっているものは仕方がない。
25点!たまは実は優しくしてくれるって君の事褒めてたんだから、応えてあげておくれよ!
(寸評:N・クジョー)


◆天牛ノ月 11日
footmark001.gif

シハルツたちと一緒にあのでかい魔物を倒してきた。
みんな険しい顔をしてた。やっぱりエスバットっていうあのギルドとのことが心に残っているんだろう。
ぼくだってあの魔物がアーシャやシハルツと同じように人間だったなんて信じられない。
でも、戻せないのなら、せめてやすらかに眠らせてあげたいと思ってがんばったよ。
消える彼女は安らかだった。救ってあげられたのかな。

それはそうと、シハルツが臭い。近寄らないで欲しい。
なにあの匂い。死んだほうがいいんじゃない?
(代筆:シハルツ)

うーん、さすがたまの「娘」だね、シハルツくん。かなりいいセンいってるよ!
ギルドとかの関係まではわかっていなかったみたいだけど、件の女性を開放してあげたいというのはたまも思っていたみたいだ。今日はボク、出撃していないから昨日見たあの彼女がどんな風に消えていったのかはわからないけど、君達の話し振りからするとあまり苦しまずに送ってやれたようで、せめてもの慰めだよね。

本当は100点近くあげたいんだけど、後半!!
たまは匂いのことをむしろ心配していたんだからね!
さっきボクに匂い消しにつかえるハーブを渡してくれた彼の厚意に感謝して、そういう悲観的なことを思うのはやめたまえ!今日の夕方もし出撃がなかったらこのハーブをお風呂に入れれば身体の匂いはとれると思うよ!
もし出撃だったらこれを匂い袋にしてあげるから持ち歩くといい。
あと、口内に関してはこれを噛んで、と言いてぇところだけどこれ、食べるとえらい苦い草だからコーエンに頼んでなんとかしてもらうべよ!
それまではうがいと歯磨きで誤魔化しておくれ!間違っても、もっと臭いもの食べてわからなくしようとかダメだからね!いいかい?
ああ、忘れてた。点数は80点。これからもたまとなかよくしてあげてね!

| たま/ペット | 01:27 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

たまの日記? 第1回

◆笛鼠 10にちだくまー!
今日から3日は、たまちゃんが日記の担当です。
でもたまちゃんは字が書けないので、女性部屋の皆でたまちゃんとお話して、それを代わりに書いてあげることになりました。今日は私、アーシャがたまちゃんの代わりです。

footmark001.gif


今日ボクはお留守番だったのでとっても退屈だったくまー。
本当はお外におさんぽに行こうかと思ったけど、シハルツちゃんが「一人でお外でたらだめだよ」って言うから、ついて来てくれるのかなーって思ったら、なんだかお部屋ですることがあるみたいで、来てくれなかったくま。他の人はお部屋にいなかったくま。
だから今日は一日中お部屋でひなたぼっこをして寝ていたくまー。
でも身体を休めるのも冒険者のしごとだから、頑張ってリラッ~~~--^


びっくりしたー。たまちゃんに後ろから抱きつかれました。
日記書いてるの見てたのかな…


◆笛鼠ノ月 11日

footmark001.gif


あっし、熊のたま、と申します。
先日よりこのギルドにご厄介になりました。新参者ではごぜぇますが、どうぞ宜しくお見知り置きをしてやってくんなせぇ。
しかし、このギルドは素晴らしい所でございやすなぁ。皆様方それぞれのお力も勿論、なによりもそれを取りまとめてらっしゃるノダの親分のお人柄がいい!
あっしも一発で惚れやした。これからも粉骨砕身、ノダの親分、ひいてはギルドの皆さんのお助けができりゃあ幸いでございやす。
そうそう、あっし、好物は蜂の蜜でごぜぇます。やはり熊と蜂蜜は切っても切れねぇもんでございやしょ?
あっしに差入れを頂けるんでありゃあ、あ、いえ、催促してるわけじゃあございやせんよ?ただ、もし何ぞ頂けることがあるんでしたら、あのとろーり甘いヤツをペロリといきてえもんでさぁねぇ。
おっといけねえ、話が脱線しちまった。とにかく、今後とも、宜しくおねげえしやすぜ。
(代筆:さくら)


◆笛鼠ノ月 12日

footmark001.gif


私は熊だ。
今日は皆と森へ出かけた。
たくさん戦った。
おわり。

…どう書いていいのかわからないが、手形一つならこの程度じゃないのか?!
前の二人の長文はどこをどう読み取ったんだろうか… マミヤ

| たま/ペット | 01:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |