FC2ブログ

ゆぐどらぐらし

世界樹の迷宮2のプレイ日記のようなキャラ日記

| PAGE-SELECT |

≫ EDIT

モリーノの日記 第4回

◆王虎ノ月 22日

いやー、驚いた。
なにがってまあいろいろあるんだけどさ、一番は何よりもマミヤ……いや、イーマさんの素性かな。

親戚いたよ、ギルドに…………



いやな?もうみんなぶっちゃけムードだから俺も書いちまうけど、実は俺も貴族のお坊ちゃまなんだよね。
誰にも気づいてもらえなかったけどほら、俺ってばそういう高貴なオーラよりも地のいい男オーラが勝っちゃってあんまり立ち居振る舞いまで目が行かないんだよなみんな。
いやマジだよ?冗談じゃないよ?これは。
あんまりその、嬉しくもねえ話なんだけど、生まれる家は選べねえんだからしょうがねーじゃんよ……


俺が冒険者になったのは、今からするとカッコ悪ぃような気もするけどその貴族って奴への反発からだったんだよな。
この国で一番力のある貴族『ミヤ家』の御曹司ともなればさ、嫌でもその名前が先にくるんだよ。
誰も俺のことを『モリーノ』としてなんて見ちゃくれない。小さい頃は本当に『ミヤ家のお坊ちゃま』が自分の名前なんじゃないかと錯覚するくらいの生活だったよ。
まあわかりやすく10代後半くらいでそんな扱いに嫌気が差してきた。
といってもまだまだその頃はガキだから、やりたくもない帝王学を学んだり出たくもないパーティーに出たり、知りたくもない世渡りの仕方を習わされるがままだった。
そんななか唯一自分から興味を持てたのが音楽でよ。教育係(なんてのが本当にいるんだぜ)も
「芸術は豊かな感性を育むのに必要でございます」
なんつってそれだけは認めてくれたんだよ。

でもいくら歌や楽器を練習しても家の中の見知った、それも俺におべっか使うことしか知らない連中くらいしか聞かせる相手がいなくてな。
ちょうど20歳になった頃だったかな、楽器と身の回りの物だけ持って家を出たんだよ。

最初の頃は面白かったぜ。
俺も冒険者なんてものに慣れてないから、つい貴族だって口を滑らしちまうんだよな。
そうすると周りの連中が群がってくることくること。
でもそいつらは大概、俺が家出してるから家の援助なんて全くあてにならないと告げると逆ギレして離れてった。
で、俺が素性を隠すようになると今度は温室育ちの初心者バードに声をかけるような奴がいなくなったってわけだ。

結果的にはよかったと思ってるんだどな。
そんな奴らと組まなかったおかげで今のギルドに入れたんだし。
……ちょっとクサいな。

そういえばマミヤ……じゃなくてイーマさんだけど、多分俺会ったことあるわ……
俺が社交界とか出なくなって7.8年だから、最後に会ってるのが多分そのくらい。
ただマミヤ……ああもうマミヤでいいや。
マミヤんとこはうちらの一族の中でも武門に特化したちょっと変わり者の分家だから年に1度会うか会わないかって感じだった……はずだ。
で、もし違ってたらゴメンだけど、イーマ姉さんっていうとものすごい美人でおしとやかでフリフリのロングドレスとか着てしゃなりしゃなりあるいてた人だったと思うんだけど……あれがマミヤ?

多分わからなかったのもしばらく会ってなかったからだけじゃねえと思うんだよなー……


そんで俺の冒険の目的と今後ってやつだけど、書いた通り俺は家を出たかったのが一番で、自分の音楽を試してみたかったのが二番って感じだったから、探索の後のこととか全く考えてなかったんだよね。
ただ、ひまわりちゃんも言ってたけど、全部終われば俺らって望めば貴族にでもなれるらしいじゃん。
もちろん家に戻る気もないのに改めて貴族になんかなるわけないんだけど、それを拒んでも多分この国にいたら持ち上げられちゃって面倒なんだよな。
そこまでになったらいやでもウチの家族の耳にも入るだろうし。

だから全部終わったら別の国に行く、というか旅をして回りたいなーとか思ってんだけど……
えっとその、モモは、どうすんの?
……来る?
スポンサーサイト



| モリーノ/バード | 21:40 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モリーノの日記 第3回

◆天牛ノ月 15日

しーーあーーーーわーーーーーーせーーーーーーーー!!!
っと、さっき書いてたノダの日記を真似しただけで、本来の俺はこんなアホっぽくないぜ?
でもちょっとまあ、その、浮かれてるのは確かだ。
なんでかって?聞きたいか?それじゃあしょうがないよな!聞きたいんだもんな!

彼女との出会いは昨日の夜、俺が酒場で飲んだくれていた時だった。
昨日といえば、探索で何の収穫もなくイライラしてたんだが、そのイライラなんか全部フッ飛ばしてくれたのが彼女。
グラスを傾ける俺の後ろからそっと忍び寄って艶っぽい声で話かけてきたその女はクエア=コスモスと名乗った。
「クエアでいいわ」と微笑んだ彼女に俺は美の女神アフロディーテの姿を見たぜ。

俺の隣に座ってカンパリソーダを注文した彼女は俺に興味津々。
俺があの「オーガ・サーカス」の中心人物だと知るとさらに目をキラキラさせて質問をしてきた。
次々と飛び出す俺の武勇伝に彼女は完全にメロメロ、じっと俺を見つめて「今日は帰りたくないわ」ってなもんだ!
ただ、そこで流されないのが大人の男女の駆け引き。俺はそこで颯爽と言ったね。
「俺も返したくない、でもな、俺には待ってるイイ女がいるんだ」
ってな。そうしたら彼女の目が鋭くなる。
「誰よ!その女は!」
「冒険さ。これがムズかしい女でね」
ってウインクすると彼女は俺に寄りかかって
「バカね……」
これ!これだよ!
そこで退いておいた分の「タメ」が効いてくる。俺の最後のプッシュ。
「ただ、うちは大所帯だ。その愛しい女と遊べない日もある。愛人みたいで申し訳ないけど、そんな日でよければ」
と彼女の手をとってキス。そしたら彼女が言うんだよ。
「じゃ、私は貴方の二番目に愛しい女でいいわ。その憎たらしい女がそっぽ向いたらいつでも連絡を頂戴」
ってキスした手でさらさらとメモを書いて俺に渡す。
彼女の滞在している宿が書いてあって、彼女は俺がそれを見たのを確認すると微笑んで席を立つ。
「じゃあ、待ってるわ、モリーノ」
「ああ、またな、クエア。俺の二番目のハニー」

と、これが昨日の話なわけ!
そんで今日俺出撃なかったじゃん?だから行って来たんだよ彼女のとこ。

宿に着くとフロースみたいな冒険者向けじゃなくてけっこう高級な旅行者用の宿で、フロントに彼女の名前を尋ねるのもちょっと緊張したけど、すぐに彼女の部屋を教えられた。
フロントによれば彼女がモリーノっていう男前が来たら部屋に案内してくれと言付けてあったらしい。男前ってのは俺の想像だが、絶対言ってるね。
一番奥のスイートのドアをノックすると奥からあの艶っぽい声が入るように促す。
中へ入ると、彼女はその、洋服を着ている途中で、背中のファスナーが大きく開いて白い肌が見えていた。
「モリーノ、ちょっとファスナーをあげてもらえるかしら?」
という彼女の声に従って俺は優しくそうしてやる。
「ありがとう」
そう言って前を向いた彼女は昨日の酒場の暗い照明で見たときよりずっと美しく、色っぽかった。
「どこか行くとこだったか?邪魔して悪いな」
「ううん、貴方が来てくれないから一人で寂しくショッピングの予定だったのよ。うれしい」
すっと俺に寄り添うクエアからは甘い香水の香りがした。

町を二人で歩くと、道行くヤツがみんな俺らのほうを見ていたぜ。
そりゃもう、美人と色男のカップルに誰もがうらやむって感じだ。
組んだ腕は細くて柔らかく、引き付けられると豊満なバストが触れて……歴戦の勇者であるところの俺でもドキドキしたのは確かだ。
俺達はハイ・ラガードの中でもシャレた店を次々と見て回った。
その中のひとつで、クエアがふいに立ち止まった。
「ステキ……」
ショーウィンドウの真ん中にこれ見よがしに飾られていたのはまあ、その位置にふさわしい額の宝石のブローチ。
さすがに「プレゼントするよ」って言葉がスッと出る金額じゃなかったので様子を伺っていると彼女が一言。
「これくらいなら、買っちゃおうかな……」
うわーと思ったね。泊ってた部屋も相当のもんだったがこれを「買っちゃおうかな」で買えるのはすごい。
金持ちがいいってわけじゃないけど、こういう豪胆さがある女ってのは最高に魅力的だ。
「でも、自分で買うよりはステキな殿方にプレゼントされたいってのが、女心よね」
その魅力的な女性からのこの言葉……燃えないやつは男じゃないね!
でも持ち合わせはないからその場では
「そういうもんかね。まあ、君ほどの女がそう言えば、何日後かに君の宿にどこかの色男からこれが届くかもしれないけどね」
と笑うことにしたわけ。
彼女は
「あら、あたしはあたしを満足させてくれそうな色男なんて一人しか知らないわ」
って俺の腕を引き寄せて微笑んだ。

そして今日も彼女と二人酒場の一番いい席でしっぽり、ってわけだ。
いやー、お子ちゃま達には少々刺激の強い話題だったなー。悪い悪い。
でも後学のために覚えときな?こういうのが「いい男」なんだぜ?

◆天牛ノ月 16日

今日も出撃がなかったので俺は愛しのクエアのところへ。
と言っても、宿に行くまでもなく街で出会っちまった。
運命の神様ってのは気がきくヤツだな。

出会った場所はそう、昨日のアクセサリーショップの前。
俺がその、ショーウィンドウに飾られた例のアクセサリーを立ち止まって見つめていたら後ろから抱き疲れた。
まったく、情熱的な女だぜ、クエア。
その後は俺のとっておきの店でランチをして……その後は、まあ野暮なことは言いっこナシだな。

そんで、今日はノダとコーエンに大感謝な。
明日はバッチリ、男になってくるぜ!!

サイコロの目で出撃になっちまったらマズいんだけど、まあここ数日の運命っぷりを見るに、ないね。
もう、全てがいい方向に転がってるもんな。今の俺は多分人生で最高にツイてるぜ!

| モリーノ/バード | 00:10 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モリーノの日記 第2回

◆笛鼠 4日
ちょっと昨日の日記が気になって誰が持ってるか聞いたら爺さんだったのでうば…もらっておいた。
なし崩し的に今日から3日俺が担当だけどまあいいや。
で、気になる昨日のなんというか寄せ書き部分だが、すごいな、なんつーか、カオスだ。
なんでモモに全力で死ねって言われてるのかわかんねえけど、こりゃベンテンの書いてた通り誰かが証拠隠滅に破ったりする可能性が高い。

俺は今回全然見られて困ることなんて書いてなかったんだけど、爺さんのとこに書いてあった謎の紋章みたいのが気になったんでちょっと書き加えてみようと思ったんだが…
まだ手がビリビリする。あのページにペンが触れられないんだよな、寸前の空間で止められる感じ。
もしかして…と思って端っこ破ろうとしたらこれだ。なんかビリってきた。
ま、まあほら、俺は雷劇の序曲で雷扱い慣れてっから大したことないけど、他のヤツは気をつけろ。うん。

で、今日の話だが、第2階層に行ってきた。
あとは身体がかゆくてしょうがないのでパス。
モモに薬もらいに行って来る。

◆笛鼠 5日
モモの薬はよく効いたみたいで、全身のかぶれは無くなった。
アレはもう少しかわいげと胸と色気があればいい嫁さんになるね。今はただのガキだけど。

さて、今日はやっぱりあの獣のことを書かないといけないんだろうな。
正直あんまり乗り気はしないけど。
うちのギルドに獣が入った。名前はまだない。熊だ。
どうにも女子供は小さい動物が好きらしくて今もあいつは女性陣の部屋で触られまくってることだろう。
…許せん!何が許せんってこう、何を触っても何を見ても許されるってとこだ!
くっ…アイツになりたいッ…!

ムカついたのでノダが名前の候補を聞いてきた時に「リラック」と言っておいた。
「アンラック」だとあんまりストレートなんで、運が戻ったり裏返ったりする意味を込めてRe Luckだ。
…そういやノダって抵抗なく女性部屋に行くよな。リーダーだってのもあるだろうけど、警戒されてなすぎる気がする。もしかしてアイツは動物と同じ扱いなんじゃなかろうか。
ygglife023.gif


◆笛鼠 6日
今日から3日、あの熊を連れて4Fの討伐クエストに行くとかで探索組は出かけていった。
いったんだが、メンバーがアーシャとマミヤとベンテンと、熊とノダ…ハーレムじゃねえか!
獣と女性とノダだけで3日樹海の中とか、うらやまし信じられん!
そりゃ戦力的には問題ないチームだと思うが、道義的にはどうなんだよ…3日の間にノダが獣になったら!
…ないな、アイツはないわ。どっちかって言うと熊(たしかたまとかいう名前に決まった)が野生に還って暴れないかのほうがよっぽど心配だ。それくらいノダは人畜無害。
ただ、ああいうのって百戦錬磨の女がコロっといったりするんだよな。それは少し心配かもしれない。

さっきモモが「もう薬いらないの?」って来た。意外とかいがいしい。
「まだ痒いからモモたんが塗ってくれるかい?」ってからかったら真っ赤な顔で覚えてもないヘヴィストライク放たれた。
くそ、痒みはないけど杖の当たった腰が痛い…あのバカガキめ…落としてった薬が打ち身にも効くと書いてあったので塗っておこう。

明日からは、誰に渡すかな。クエスト行った連中には渡せないしなー。

| モリーノ/バード | 19:38 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

≫ EDIT

モリーノの日記 第1回

◆皇帝 13日
廊下を歩いてたらモモが日記を持ってたので奪った。
ぴょんこぴょんこ跳ねて奪い返そうとしてたけど、もう今書き始めちまったから今日から俺が当番な。
あ、読み返したら一応自己紹介とかしたほうがいいんかな?
モリーノだ。好きなものは大人の女と音楽、あとは秘密。
えーっと、以上だな、こんなもんだ。

さて、奪ってみたものの、特に書く事もないんだよな。
今日は俺出番なかったし、クエストも順調だったらしいし。
ああそうだ、せっかくだし居残り組の話でも書いとくか。

まずさくら。ええと、いつも通り素振りとかしてた。声かけても笑って会釈するだけ。つまらん。

次にアーシャ。うーん、ガキにゃ興味ないんだが、俺の方を見るとアイツ逃げるんだよな。
いやまあ、シャイなのは知ってるんだが、なんだか取って食われるとでも思ってるんじゃねえか?
で、今日は宿の廊下で一回見たっきりだ。逃げられて終了。

ベンテンは、そういやギルド本部で見たな。俺はメシでもと思ってふらふらしてたから昼ごろか?
窓から見たらギルド長と話してたけど、聞こえなかった。リーダーでもあるまいし、ギルド長の知り合いなのかねあの人は。秘密のある女は嫌いじゃないぜ♪

モモは、まあアレも大概ガキだし俺の射程外なんだが、からかうと面白いな。最初にも書いたが今日は廊下で見かけて日記奪った。なんか大事そうに抱えてたからつい、な。
「アーシャに書かせるんじゃボケが!返せコロスぞアホー!」って言われたけど、ま、もうちょっちオトナになってからまたおいで。

あー、あと男どものことは知らん。見た気もするが気にしてないから。
もう一回モモの日記読み返して寝よう。一昨日の大騒ぎの話は何度読んでもおもしろい。
リーダーもアレだ、もうちょっち気軽にやってくれるとうちらも楽なんだけどね、ホント。
ygglife010.gif


◆皇帝 14
今日も留守番。
今日の女性陣で居残りはアーシャとシハルツ、あとさくら。
さくらは素振り。だめだ、アイツには剣とリーダーしか見えてねえんだ。
アーシャとシハルツは、見ちゃいないけど部屋から声がしてたからずっと部屋だろ。
別に聞き耳立ててたわけじゃねえけど、ずっとアーシャが喋ってるのな。シハルツは声小さいのかそもそも喋ってねえのかわかんねえけど、聞こえなかった。
まあ、うちのギルドのお子ちゃまは仲がよろしくていいことだ。
せめてあと5歳くらい上ならなあ。

そう言えばさっきモモが部屋のドアガンガン叩いて日記返せって言ってきたけど
「もう俺書いちゃったし3日ローテーションならあと2日は俺だろ」っつったら帰ってった。
今日の捨て台詞は「クソやろー!」だった。アイツ本性見せてからほんと遠慮とかないのな。

◆皇帝15
胸糞悪い。
爺さんは人生経験で大丈夫、コーエンは血とか見るの好きそうだから気にならんとして、なんでさくらは平気なんだ。歳よりもガキだと思ってたが、俺のほうがずっとガキだったらしい。
俺とリーダーだけが腰を抜かした。
クソ。

俺の性分は適当で気楽だったはずだ。あんなキツい状況、そもそも似合っちゃいないんだ。
だからしょうがねえ、別にビビりだっていいじゃねえか、誰だって死ぬのは怖いだろ。
だったらなんでこんなにイラついてんだ、クソ。
酒場いってくる。
明日からは、別に誰でもいいか。

| モリーノ/バード | 23:32 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑

| PAGE-SELECT |