FC2ブログ

ゆぐどらぐらし

世界樹の迷宮2のプレイ日記のようなキャラ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノダの日記 第14回

◆笛鼠ノ月 13日party038.gif

今日は8Fの探索。35.32.41.24。コーエン、モモたん、モリーノ、ベンテンさん。
非常にバランスのいいPTなので探索もサクサク進む。
…忘れてた、昨日の日記に書き忘れてたんだっけ。
昨日帰還直前に8Fに続く階段見つけてたんだよな。で、今日は早速そこ。
7Fはもういけるところなさそうだったしな。

で、8Fなんだが、ここは公宮から頼まれてた(忘れてた)サラマンドラのいる階だったらしい。
いや、らしいっていうか間違いなくそうなんだけど、忘れてたから。
ずんずん進んでいくと、教わったサラマンドラの部屋………こええええええ!!!!!
一歩入ってすぐ出てきたけど、なにあのデカいなんてもんじゃないトカゲ。
それとそのまわりの…あれなんだろう、竜?全員火達磨でうろうろしてんの。
部屋は入っただけですごい熱気だし、大きさと迫力はヤバいし。
数々の冒険者がやられたってのも頷ける…手を出したら無事じゃ済まないのも確かだろう。
でも…サラマンドラが陣取ってた場所の後ろに目的の羽毛があるって書かれてるしなぁ。

前の鹿の時みたいにビビることはないけど、冷静かつ冷静に判断して冷静に決断するにしてもあれは無理。
んー…モリーノに子守唄で眠らせてもらうか…それとも…
とりあえず覚悟なしに来てしまったので今回はそれ以外の場所を探索して帰還。

8Fに来た階段から真っ直ぐつき当たった場所にとんでもなく強い…あれもなんだかわからんなあ。
鎌を構えた(ダジャレじゃないぞ!)亜人…牛人でいいんだろうか。それがいた。
凄まじい攻撃力にあわや…と思ったが今日のPTの火力は上回ったね。見事撃破。
フォーススキルもなしによくやったわー。コーエンの炎術と俺のチェイスファイアの連携が今のところ最大火力(文字通り)っぽいから、これを軸に少し戦略を考えよう。うん。

そうそう、登ってすぐのところに磁軸の柱があったから、8Fはすぐ来れるみたいだ。
サラマンドラとのお付き合いが長く…ならないといいなあと思う。

◆笛鼠ノ月 14日party039.gif

まず番号~!44.65.56.23.さくらちゃんにたまにアーシャにマミヤさん。
正直、攻撃に傾倒しすぎてて長時間戦えるPTじゃないんだけど、だからこそできることがある!
ということでサラマンドラの巣へ。
全員が攻撃職ということでできること、それは突破だ。
もちろん、玉砕とは意味が違う。全員が「自分の身を守れる」という前提の進軍のことだな。
昨日どれだけ考えてもサラマンドラとその周りの竜を現時点の俺達がどうにかする方法なんて見つかりはしなかった。その中でヤツの巣にいって羽毛をとってくるってことは、逃げまわるってことだよな。
それをするには、言い方は悪いが人のことを構う余裕なんてありゃしない。
そういう点で今日のパーティーは「最善」だったと言える。

まず、部屋に入ってゆっくりとあのとりまきの竜の動きを見る。
身体が大きく緩慢なせいで、どうやら進路を塞がない限りはこちらに害を為すことはなさそうだった。
つまり、横を走り抜けることは可能。
そしてサラマンドラは、こちらを視界に入れると追って来ることが分かったが、速度は俺たちのダッシュの方が上。あの部屋の形からすると、うまく動けばぐるりと回ってあいつを後ろに引き連れたまま動くことが可能ってことだ。

が、そういうのを机上の空論って言う。実際の戦いっていうのはそういうもんじゃない。
触れたら骨まで焼かれそうな火炎をチラつかせる巨体のバケモノが後ろから迫ってくる緊張感は半端じゃない。コケたら間違いなく死ぬだろう。あの竜の動きを見誤って鉢合わせてもアウトだ。

そして俺達は、勝った!
作戦は見事的中、サラマンドラの間合いから少し離れて、決して引き離さないようにしながらダッシュ。
ヤツの巣から羽毛をゲットして、迫り来るその炎が俺たちの靴を焦がそうとする瞬間、アリアドネの糸で脱出!無事帰還!ギリギリのミッションだった。

公宮でそれを渡すと、ねぎらいの言葉と金をもらった。
おお、3000エンも!大金…だけど国単位の依頼としてこの額はどうなんだろう…
でも、俺たちの達成感は金には金には変えられないものだった。これだから冒険者は辞められない。

ちなみに、朝からそのミッションをしていたので戻ってきたのも昼前。
余裕があったのでもう一度8Fに戻ってしばらく探索した結果、行ける範囲はほぼ行けたし、9Fへの階段も発見した。順調すぎて怖いが、進むしかない。
だってそれが冒険者ってもんだから!
ygglife028.gif


◆笛鼠ノ月 15日party040.gif

今日は31モモ、46さくら、43モリーノ、52シハルツ(敬称略)
昨日発見した9Fへの階段を登る。
景色は、変わらなかったけど、うろついてる魔物が変わった。
いや、そんなのはいつものことだったんだけど、道を占領するようにのしのし歩いてたそいつは…サラマンドラの部屋にいたあの竜だった。
怖い…けどもこいつが鈍重なのは昨日確認済みなので後ろをつけるようにゆっくりついていくと、意外と安全だった。こっちに気づかない限りはまあ、巨大な盾が歩いてるようなもんだもんな。
茂みから出てくる他の魔物に気をつければこういうのもアリかもしれない。

そうそう、9Fでなんかうまそうな実があったのでかじってみたら、すごい苦かった。
…ベンテンさんがいなくて本当によかった。いや、モリーノには怒られたけど。「お前は懲りないなあ」って。まあ、なんだ、呆れられたとも言う。
でもほら、冒険者ってのはそういうもんだろ。食べられそうなものは食べる、行けそうな所は行く。好奇心が原動力ってやつだよ!ベンテンさんに言わせると「それでは命がいくつあっても足りませんよね?」なんだけどさ。

さて、探索はとりあえず順調、かな?
途中例の鎌もった牛人に絡まれてかなり難儀したけどなんとか撒いたし、シハルツの睡眠の呪言が決まるようになって数が多めの敵とも渡りあえるしな。

ただ、9Fなんだが、どうやら8Fと行ったり来たりをしないと進めない感じ。
下りの階段があって焦ったけど8Fからまた別の登りの階段があって…みたいな感じで、進んでるのかちょっと心配になる。
でもまあ、少なくとも地図を見る感じだと進んだ場所は増えてるんだし地図作ってくれっていう依頼も含めもう少し歩き回らないと次の階には行けそうにないな。
先を見たいのは確かだけどやるべきことはやらないとな…一応、そういうことは分かってる俺だ。

そう言えば、酒場の依頼で今回は錬金術師を貸してくれっていうのがあったのでコーエン派遣してきた。
どうやら別PTのサポートだったらしいが、戻ってきたら機嫌悪かったな…なんかあったんだろうか。
ちょい心配。一応気に留めておくためにメモ。
スポンサーサイト



| ノダ/ソードマン | 10:47 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yggdlife.blog27.fc2.com/tb.php/35-95d0b309

PREV | PAGE-SELECT | NEXT