FC2ブログ

ゆぐどらぐらし

世界樹の迷宮2のプレイ日記のようなキャラ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

ノダの日記 第16回

◆笛鼠ノ月 19日party044.gif

メンバーはシハルツ(51)、マミヤさん(22)、アーシャ(54)、たま(64)…
こうやって書くとなんか年齢みたいだな。なんか綺麗な書き方作って決めようか…

さて、今日はいよいよ昨日の鬱憤を晴らしに10Fのエスバットのところ…と思いきや
またクエスト受けちゃったんだよね。しかも面倒っぽいやつを。
なんだか公女様に献上するだかプレゼントする宝石の原石が欲しいとかで、樹海の中にあると思うからっていうすごい曖昧なクエストだったんだけどな。
受けたからにはきちんとやるしかないんだが、これがまた見つからないこと。
いや、そもそも「あるらしい」っていうその情報が不確定だ。
多分衛士の人とかが探索中に見つけたけど仕事中だからそんなものとってるわけにいかないとかそういうことなんだろうと思うけど…んー、ガスコインさんみたいな人もいるから単純に採掘するのが面倒な可能性も捨てきれないよなあ…依頼主誰だっけ…今クエスト帳見たけど書き忘れてた。

そんなこんなで1Fから順に見ていく俺ら。
が…見つからない…!たまに採掘場所を見てもらってもそれらしい物はないし、そこらへんの地面にだってそうそうそんな宝石があってたまるかって感じだ。

結局5Fまでじっくり見て回ったところで夜も遅かったので帰還。一個もなかった…
んー…ガセなのか無茶なのかわからんが…参った。
ひょっとすると俺らがきちんと聞いてなかっただけで第2階層にしかないとか?
まあ、明日は6Fから探して行こう。

◆笛鼠ノ月 20日party045.gif

番号:24(ベンテン)、45(さくら)、16(クジョー)、53(シハルツ)
↑の書き方でどうだろう…これなら一応わかりやすいし見やすいと思うんだが。
まあ、記録としてつけてる日記に見やすさなんていらないのかもしれないけど、もし俺らが偉大な冒険者になったら後世に残る可能性も…さすがに調子に乗りすぎか。

さて、昨日から探していた宝石だけど、6Fと7Fでなんとかそれらしいものを見つけたので酒場に持って行って「これでいいのか」を確認しようとしたら「OKOK」であっさり回収、クリアとされてしまった。
あれでいいならもう少し探そうと思ってたんだが、なんだか拍子抜け。満額とは言わないまでも報酬ももらったし、なんか昨日一日悩んで歩き回ったのがちょいとバカらしくなった。

で、戻って時計を見ると午後の6時。確か薬泉院の依頼で8時になったら予定の空く人がいたはずなので待ち合わせ場所へ。
案の定いたんだけど、数日前に受けたクエストなんだがずっと待ってたんだろうか。
まあ、毎日仕事終わった後にその場所で待って、時間に来なかったら帰るを繰り返せばいいんだろうけど、それでも何十分か何時間かは待っただろうに、悪いことをした気がふつふつと。

ただ、その薬泉院の助手の女の子(そう言えば名前聞かなかった。助手さんでいいか)はそういうの全く気にしないタイプらしくて、良く言えばサバサバ、悪く言えばなんつーか、大雑把?
うちのギルドにゃいないタイプだから新鮮といえば新鮮だったけど、同行するって聞いた時にさくらちゃんの目が光った気がする。
やっぱさくらちゃんみたいな厳格な人はこういう人苦手なんだろうか、もしくは危険を背負い込むのを嫌がったとか…?
とはいえ絶対ついていくと言われたらどうしようもないので、かばいながら問題の9Fに。
情報どおりそこには以前の階層同様、不自然に木が枯れた一画があって、そこになんか、粘液?みたいなのがついてた。その場所に近づく直前に感じた威圧感が気になるが、先に進むと消えたのでそのへんを根城にしてる魔物がいるのかもしれない。
助手さんはそのを採取してさあ帰ろうというところで、衝撃発言。
「あ、私糸忘れちゃったんで徒歩でお願いします」
…しまった、うちらも人数分しか持ってない。
仕方ないのでまた慎重に助手さんをかばいながら6Fの磁軸まで到達。よかったよかった。
ygglife032.gif


◆笛鼠ノ月 21日party046.gif

今日は半日探索。
メンバー:31(モモ)、64(たま)、55(アーシャ)、53(シハルツ)

なんで半日かっていうと単純に昨日の助手さんとの調査が朝方までかかっちゃったから。
昼過ぎまで休んで出発した。
で、ようやく、ようやくだよ!10Fの探索をまともに開始。
結局エスバットの二人はいなかった。衛士の人から俺らが許可得たって聞いたのかもしれないし、俺達が許可を受けて戻ってくる前提で「もういいや」ってなったのかもしれないけど、どちらにしろ会って嫌味の一つもいってやりたかったところだ。いや、いなくてよかったか、そんなん大人げないし。

10Fの探索については今までの探索とそう変わらず。
魔物は強くなってるけど俺らも強くなってるので大変さはいつも似たようなもんかな。
只一つだけすごい問題が発覚した。
この階に赤いゼリー状の魔物がいるんだけど、アイツ火がきかねえ…
前にも書いたけど今のうちらの最大火力はコーエンの火の術式から俺のチェイスファイアの連携だ。
ただ、コーエンが必ずいるわけじゃないので他の人、たとえばアーシャやさくらちゃんにも火を扱えるようにしてもらってる。
が、それが最大級に裏目に出てるのがこのゼリー。
ゼリーだから普通の打撃や斬撃は効きが悪いんだが、火で燃やすわけにもいかないという八方ふさがり。
それで思い出したのがこの階にいるらしいという凶悪な魔物…たしか「炎の魔物」だか「炎の魔神」と呼ばれてたはずだ。…どう聞いても火が通用する相手じゃないな…

ちょっと明日はミーティングでそのへんのことを検討しないとマズいかもしれない。
うーん、火によく効くのはなんだろう。水…は術として扱いづらいってコーエンが前に言ってたから氷になるのかな?
あとは雷があるって聞いたけど、火に雷…木に雷落ちて山火事になったりするくらいだからどっちかって言うと氷よりは火寄りな気がする。
ちょっと詳しく聞いておこう。今後の探索にも関わる重要な話だし。
スポンサーサイト



| ノダ/ソードマン | 00:03 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yggdlife.blog27.fc2.com/tb.php/40-84d836ab

PREV | PAGE-SELECT | NEXT