FC2ブログ

ゆぐどらぐらし

世界樹の迷宮2のプレイ日記のようなキャラ日記

PREV | PAGE-SELECT | NEXT

≫ EDIT

コーエンの日記 第4回

◆王虎ノ月 21日

部屋に戻ったらこれが置いてあった。
そうか、今日は俺様の番だったのか。
つい、たまと話し込んで時間を忘れてしまったな。

ノダの奴の選抜用特訓は順調のようだ。
今日行ったマミヤとベンテンもなぜか晴れやかな顔で帰ってきたのだが、なんらかのカウンセリングでもしているのだろうか……
いや、あいつに限ってそんな細やかな……だがアレだけの人望があるわけだしあるいは……いやいや……

俺様の冒険の目的を書くとかだったな。
俺様がこの国に来て冒険者となった理由は、いくつかあるんだが。
まあ、いいか。



世界樹が興味深い研究対象だったこと……がひとつ。
この国が冒険者を援助すると触れ回っていたことがひとつ……。
あとは、家にいる猛獣が俺を無理やり追い出したのがひとつだ。

詳しくは目的とは関係ないので省く。
俺の目的は、この世界樹を研究することだ。
正直、城に関しては民間伝承の類だと思っていたためそのつもりもなかったが、見つけてしまった以上しかたない。これも研究の対象だ。

よって俺様のこの冒険の後の予定はやはりこの樹海と城の研究だ。
なかに入った俺達が一番わかっているとは思うが、この森と城は研究しようと思ってしきれるものではない。
果てしなく長い年月と労力が必要になるだろう。
だがもし聖杯(が存在するとして)を持ち帰れば、おそらくは資金も人員も自由に使えるだけの地位を手に入れることが可能だろう。
俺達が作った地図もあることだし、必要なものは衛士にでもとりにいかせればいいから、ようやく俺様は部屋でひたすら研究を続ける日々に戻ることが出来るというわけだ。

なにしろ英雄様が研究に没頭したいと申し出るんだ。
2.3日飯を食わない程度で怒鳴りこんでくる奴もいないだろうし、1週間部屋から出なくても引きずり出して無理やり運動させるようなヤツもいないだろう。
公宮や天空の城など目ではない俺だけの城がようやく手に入ると思うと、柄にもなく心が躍るようだ。

とまあ、そんなわけで、俺はそういった生活を望んでいる。
世間から見ればおそらくそれは『変人』という評価を下される生き方だ。
だがマミヤ、そんな変人を由緒正しい家は許さないだろう?
だから俺様のような奴にかまわずもっといい男でも捜して親を安心させてやったほうがいいと思う。
いや、そのほうがいいに違いない。
俺様が言うんだから間違いない。
本当だぞ。
スポンサーサイト



| コーエン/アルケミスト | 21:39 | comments:0 | trackbacks:0 | TOP↑















非公開コメント

http://yggdlife.blog27.fc2.com/tb.php/85-04d16218

PREV | PAGE-SELECT | NEXT